コルギ(骨気)マッサージを自分でやるときの注意点

23 5月, 2016 (11:51) | カットがおすすめのヘア | By: sp-kanri

af9980024587
コルギ(骨気)マッサージは自分で行うことができます。指の腹や、手のひらの下部(盛り上がった部分)を使い、正しく行うと効果が出ます。

コルギマッサージのポイントは、骨の位置をしっかりと意識し、どの部分を引き上げたいのか鏡で確認することが大切です。皮膚や脂肪を揉んだり引っ張ったりしても、コルギという観点からでは意味がありません。正しく加圧することによって顔の骨を矯正し、歪みをとることで血液循環が改善されます。たるみやくすみ、肌の新陳代謝も良くなります。しっかりと仕組みを理解し、取り組む必要があります。

コルギマッサージを自分でやる際注意するべきことは、やはり力加減です。手の力が弱すぎては骨まで圧力が届きませんし、手の力が強すぎては肌や筋肉を痛めてしまう可能性もあります。あまりにも強すぎてはは、骨の矯正を通り越して損傷をきたしてしまう恐れまであるので充分注意が必要なのです。

マッサージ器は人間のもみに勝てないんですか? – Yahoo!知恵袋

力加減は、痛気持ち良い程度で丁寧に、がベストです。はじめの慣れていないころは痛みが強いかもしれませんが、コツをつかんでくると加減がわかってくるでしょう。また、顔の右半分に加圧している時は、左半分を左手で固定し力をかけやすくするなどの工夫で、効率良くマッサージを行えます。

Write a comment